スピリチュアルアドバイザーの羽野 佑佳です。

昨日、善光寺に行ってきました。

ご開帳時参拝は今年3回目で、最初に参拝したのは21年前になります。

月日の流れは早いものだなぁと感じます。

平日、早い時間から移動したので、とっても空いていて、ゆっくり参拝することが出来ました(^^)

とても満喫したのですが、今回ここでシェアしたいのが善光寺で行われていた、小松美羽さんの作品展です。

小松美羽さんは2020年24時間TVのチャリTシャツをデザインしたビジュアルアーティストです。

何故善光寺で?と思ったのですが、長野出身で、善光寺でもパフォーマンスしているんですよね。

その作品が飾ってあり、その作品からあふれ出る、死生観のようなエネルギーが私をそこから動けなくしていました。

私はあまり絵画とかに興味がないし、作品も好きと言われればそうでもないのですが、作品を通して流れてくる小松さんのエネルギーを感じました。

なので、世界各国でパフォーマンスが開催され、人々の心を魅了しているんだなと納得出来ました。

歌も絵も写真も人々の心を魅了するから存在します。

心が疲れているとき、ヒーリングで癒やすのも良いですが、芸術にふれるのもありだなと思いました。